見習いノート

見習いのTCGに関する試行錯誤をメモする場となっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】カード考察 八瀬童子

それではとっとと今の環境まで追いつきたいので八瀬童子の考察をしたいかなーと思います。
これを終えるとあと残った緑ネームは13+黎明。
考察が終わるのは一体いつになることやら。

ではでは始めたいと思います。
拙いものですがどうかご容赦を。



3F/3C
鬼♀/マーメイド
4/5/5
このカードがセットされた場合、またはこのキャラクターが対戦相手にアタックした場合、≪あなたのダメージ置き場のカード1枚≫ を手札に戻す。


標準的なサイズのネームブレイク。
スキルはなく、アビリティはcipとアタックが相手本体に通った際にソウルストーンを撃つことができるというものです。

つまりこれはこのカード単体で考察してはいけない類のカードですね。

ですので、組み合わせたいカードなどは後にまわすとしてまずはその他のところから。

アイコンはマーメイド、鬼ということで比較的ブレイクしやすいのではないでしょうか。このカードも収録されている魔力の水嶺ではマーメイドが推されていたのか、ダークロアのマーメイドには軽ブレイクが2種存在します。特にルーフェンローレライはチャージ軽ブレイクでなおかつ、もう一つのアイコンがゴーストとなかなか優秀な1枚です。キャラクターを見ても、ドローやシールドチャージ等、比較的充実しています。
一方もう一つのアイコンである鬼は軽ブレイクが1種それも2Fであるというところからあまり足回りという観点ではよくありません。しかし、今回の黎明にて鬼ドロー、そして、始まりの地球からゼロチャージがあることから、キャラクターだけに着目するならば充実しています。

他のところからと言ったはいいものの、アビリティしか持ってない以上他に考察するのってアイコンくらいですよね。それももう終わってしまったんでアビリティにうつりましょう。

先程組み合わせたいカードが〜と述べましたが緑に絞った際、主な回収対象は下になるのでしょうか。

ラプラスの悪魔
獣性解放
自然の回復力
魔王
グリンブルスティ
八瀬童子自身

黎明のカードはまだ使ったことがないので除外しまして、思いついたのはこれらですね。
1枚ずつみていきましょう。

まずはラプラスの悪魔。スキルをもたないこのカードとは比較的相性がいいと考えられます。そもそも単発で使っても強く、連打したら更に強いカードですので、単純にラプラスへのアクセスを増やせると考えたら強くみえるのではないでしょうか。

次に獣性解放。サヴィッジムーンも似たようなものなのですが、このカードの5/5というサイズ、仮に主戦力として考えると少し心もとないものがあります。なにかしらのパンプ手段が必要になってくるのですがそれを構えやすくなるというのはメリットです。このカード自身に戦闘力がないのでこのカードを軸に考えた際必然的に横でビートダウンすることになると思うのですが、上のラプラスも、獣性解放も横のビートとの相性はかなりいいので馴染むと思います。

次は自然の回復力。このカードと組み合わせたことは自分自身ではないのですが、以前大会で使っていた人がいらっしゃったらしいので。
八瀬童子はダメージゾーンから回収ということで▼を利用して欲しいカードはダメージに落とす動作が必要になります。必然的に被ダメージが多くなってしまうため万が一の事故死を防ぐ意味でもなかなか相性が良さげなカードです。
横のビートをするというのは上でも述べたのですが、削ったデッキ差をさらにつけることもできます。

次に魔王。ある意味これが相性の点で一番いいのかもしれません。魔王等の特定条件下で強いカードは引きたいときに適宜手札に持ってきたいカードです。サーチや回収がなければ枚数を積んでその条件が整うまで手札に握るか、少ない枚数積んで撃てたらラッキーと考えるしかありませんが、八瀬童子と組みあわせることで必要なときにのみ回収という形がとれます。これはスペースの確保にも繋がりますし、少ない枚数しか積まなくていい割に必要な場面でしっかり撃つことができるようになります。

グリンブルスティは単純に精神攻撃を受けなくてすむようになるからというのと不利交換を迫れる所が利点でしょうか。八瀬童子はアタックを通すことでもアドを稼ぐため、相手としては出来る限り通したくないはずです。縦の有利がとれている場合を除きその際の行動は青ドロー等、精神攻撃でのガードになりますが、これをできなくすることができるため行動回数分アドが稼げます。

このカード自身とは、八瀬童子で八瀬童子を回収することで、相打ち上等でどんどん八瀬童子を投げつけられるのが利点です。八瀬童子が場とダメージと手札をぐるぐるするためデッキが続く限りアタッカーが尽きることはありません。一度の登場で3C使うのでお世辞にも効率は良くないですけども。


緑で組み合わせたいのは上のカード等でしょうか。他にもミッドナイトランデブー等、いいカードはたくさんあるのですが、全部は流石に無理です。

多色の中でも特に一つだけ、ソニックブレードとは特に相性がいいです。
八瀬童子のアビリティはアタックが相手本体に通った際にも発動するためソニックブレードを手札に加えることで、相手はブレイクでのガードを余儀なくされます。キャラにガードされるよりも軽ブレイクにガードされた方がアドを稼ぎやすいため非常に戦いやすくなります。


以上が八瀬童子の考察…のつもりでしたがなんか八瀬童子についてあまり触れてないですね。
こういう回収系のカードはカードプールが広がれば広がるほど比例して強くなりますので、いつか思い出して使ってやれたらなと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/21(水) 11:57:41|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【アクエリ】大会レポ | ホーム | 【アクエリ】 雑記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://darklore.blog.fc2.com/tb.php/16-ea4cac36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

刹那@ダークロア見習い

Author:刹那@ダークロア見習い
どうぞゆっくりしていってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (3)
アクエリ (27)
Z/X (1)

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。