見習いノート

見習いのTCGに関する試行錯誤をメモする場となっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】デッキレシピ アイアコス

さてさて,またもデッキレシピをあげるのはテスト期間になりました.刹那です.


今回は前回あげようかなーと言っていたアイアコスのデッキレシピでもあげてみようかなと.

アイアコスのレシピ等は色んなところであがっていますのでそれらに見劣りすすることがないように頑張っていこうかなと思います.


ではではレシピの方を

冥界三巨頭"アイアコス"×4(パートナー)
ビルコン×4
骨女×4
ルーフェンローレライ×3
ミッドナイトランデブー×4
ラプラスの悪魔×4

カロン×4
幽霊ウェイトレス×4
冥界戦士×4
セールスデビル×4
犬娘×3

アストラルメイド×4
アンデッドナース×4
PSIエンジェル×4
壷振り×3
バグキラーロイド×3


ダメージソースはパートナー込みで23枚.
比較的キャラクターに比重を置いた枚数比になっています.
基本的に自分がデッキを組む際に,ダメージ26,キャラ34にすることが多いのですがそれに比べると割と多いですね.
ドローキャラはPSI含み20枚,黒ドローが▼持ちでないため▼を受けられないということが無いように青,黄ドローまで4積み.
キャラを多く積んでいる分補給は結構伸びる.
ゴーストをラーズグリーズをケアせずにガンガン積んでいるのは,そもそもラーズにあたらなければゴーストを積んだほうが強い.
ラーズ相手はラーズに気をつけながらアイアコスをたててしまえばかなり有利に戦える.
PSIを積んでいる関係上アイコンを弱くはできなかった.
という理由から.
そもそもなぜエンジェル中学生でなくPSIエンジェルなのかというところは,真澄とライストを見た結果.
このデッキは(というより自分が組むデッキは)真澄とライストに非常に弱いです.
そこにワンチャンを残すためには▼持ちでないPSIを積むべきだと考えました.
エンジェル中学生はライスト相手にバインドで残すことはできるのですがそれでもパワーカードが一枚なくなる上にドローキャラじゃないのが不採用理由.
PSIだと2パン通した際のアドが大きいのもPSIを採用した理由.

冥界戦士も割と悩みどころ,冥界3ファクを確保してバインドを必要とする場面も多いのですが,ライストをもっと厚く見たり,アイコンのことを考えると地獄の門番の方が良さげに見えることもある.
白相手に唯一放置できる緑2点であることが決め手で冥界戦士を採用した.

軽ブレイクはまたも11枚.
骨女とビルコンは当然として,それに追加でルーフェンローレライを採用.
理由としてはメインの動きが主に3Fで行われるため.そこに高速でアクセスできる道筋が増える上に,全勢力中最強のパラメータを持つ緑軽ブレイクの投入を渋る理由はないように思う.
素体の枚数が少ないのが気になるところではあるが,連鎖期待のアストラルメイド放置をよくするので支配キャラにしか素体がいないなんてことはあまり起きたことはない.
ビルコンと骨女は特に言及することはないですかね.
冥界を扱うデッキなら鉄板のカードですし.

この多めのキャラと11枚の軽ブレイクがこのデッキの主戦力です.
先に5点通しておけばどんな状況からでもワンチャンあるので基本的にはキャラビートをガンガンしかけて大丈夫.
先攻で多色ドローを支配できているならば2ターン目から殴り始めるのも十分に視野.
5点通すということは簡単に考えると10ダメージ程度与えれば達成される条件ですのでPSIの2パンと相手の▼で達成できることも珍しくありません.
先ほど真澄とライストに弱いというように書きましたが,5点通しておけばあとはアイアコスをだすだけですし,通してさえいればライストされようが真澄をだされようが,軽ブレイクでファクターを確保しながらアクセスするだけで勝てます.後攻であっても単純に考えて相手より多く軽ブレイクをしたら横の有利はとれますし伝家の宝刀ミッドナイトランデブーで無力化したらガンガン仕掛けていいです.できることならラプラスもあれば万全ですがそれは贅沢ですね.

いま少し触れはしたのですが軽ブレイク以外のダメージソースについて
といってもアイアコス,ミッドナイトランデブーとラプラスの悪魔だけですが.
アイアコスを複数枚積んでいるのはグリムリーパーを見て.
ミッドナイトランデブーについてはもう語れることがありません.やれることが多すぎます.
ラプラスの悪魔はアイアコスに入れる人はあまりいないみたいですね.
キャラビート気味に動くデッキならとりあえず撃つだけでかなりのテンポをとれるので非常に有用.
ですがまぁ,手札にはあまり来ませんね.



このデッキが苦手なところはライストと真澄です.
それらのデッキも先攻をとればチャンスは存分にあります.
このデッキの肝はすべて序盤の攻防に集約されるのでどう5点を通すのかを最初のターンから考えていかなければなりません.
得意苦手が関係してくるのは中盤に差し掛かってからなので,序盤でゲームをきめてしまえば苦手なデッキなどひとつもないのがこのデッキの一番強いところだと思います.

GCT博多に行っていたとしても握っていたのは秋月エリですけどね!!


以上拙いながらデッキレシピでした.
なんでこのカード?とかなんでこの枚数?だとかなかなか良さげだねーとか,ふざけんなありえねーよでもなんでもいいのでコメントなりなんなりが頂けたら非常に喜びます.

では,お目汚し失礼しました.
スポンサーサイト
  1. 2013/12/04(水) 19:57:10|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

刹那@ダークロア見習い

Author:刹那@ダークロア見習い
どうぞゆっくりしていってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (3)
アクエリ (27)
Z/X (1)

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。