見習いノート

見習いのTCGに関する試行錯誤をメモする場となっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近

忙しくて更新ができてません。

アイコンセレクトと黎明が発売される前に考察を終わらせておきたいのですが、なかなか厳しいのかもしれません。

余裕ができたら一気に更新しようかとも画策中です。

だからといって一つ一つをおろそかにするのもよくないですし、真剣に頑張ります
スポンサーサイト
  1. 2013/06/23(日) 23:27:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクエリ 大会レポ

試験期間中ですがレアルトマト本店でのアクエリ大会レポートを

使用:秋月エリ

1戦目:サーニャ×
後攻
互いに順調な展開。こちらの2t目に支配しようとした勢力のスペースフロイラインをサイファーⅡにブレイクされそこで一気にペースが握られる。極秘プロジェクトからのサーニャ下段ブレイクでこちらのドローも削られ、完全に向こうペースで試合が進む。そのまま青ドローのビートと上段のビートを捌けないままこちらがダメージアウト

得られたこと:特にプレミはなかったはず。強いて挙げるなら相手のビート開始のタイミングで勢力エリアの▼を支配するのが選択肢ではあったかな?恐らくそれをしたら構えられてきつくなったかもですが。

2戦目:不戦勝

3戦目:ファラオビート○
先攻
先攻とれて一安心。順調な立ち上がりをして、向こうも順調。
軽ブレイクまでしっかりひけて▼もおろしてビートに備える。途中相手の▼が暴走してドローキャラが相手勢力に並ぶ状況に。
ファラオを打ち込まれる等もあったが、ラプラスの悪魔及び秋月エリがひけたためラプラスの悪魔で一旦動きを止めて、アルヘナの返しに秋月エリをたてて殴りきりダメージアウトでした。

得られたこと:相手の▼暴走がラッキーだった。ファラオが怖くて相手の勢力を軽ブレイクしようかともチラッと考えたが、勢力の処理にターンを使ってもらえたら楽になると思ったのが結果として正解だった。



日曜に書いておいたのにアップしてなかったです。
やっぱりサイファーは強いですね。完全にテンポを持っていかれます。サーニャ相手に速さを失うと春一番込みで構えられる危険があるので本当に出てこられると困りますね。
緑使ってるからともかく、ヴァルキリーや黒天使だと勝負を決められるレベルですし。


忙しくなくなったらカード考察も再開したいなー
  1. 2013/06/12(水) 00:15:21|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクエリ大会レポ

最近忙しくて更新ができない。
けれども今日のレアルトマト別府店でのアクエリ大会レポートを

使用:秋月エリ

一戦目:英国ライスト○
先攻
こちら順調な立ち上がり。対して向こうの支配はあまり強くなく▼放置ドローキャラ支配のみ。
こちら軽ブレイクからゾアントロープ支配に対して、向こうはキャラ支配のみ。
相手のパワーカードが3枚あったので軽ブレイクから英国ライストがとんでくることを予想したけれども、相手の総ドロー枚数と▼放置してないキャラアクセスの薄さ、次ターン秋月エリのための補給線確保のためドローキャラとゾアントロープ支配。
ターンを返すと水連の王女から英国ライストを打ち込まれ、3対5+補給点2を交換。次ターンこちらゾアントロープのみを支配。
向こうもキャラ支配のみで、返ってきたターンで秋月エリをプレイ。縦刺ししてターンを返す。
次ターン秋月エリでアタックし、青ドローでガードされたため、また、縦刺しでターンエンド。スルーズをプレイされ秋月エリが捨て札され一気に劣勢に。ゲイボウをプレイされスルーズに縦刺しされる。互いにデッキが少ない状態でのスルーズの攻撃を獣性×2でガード。周囲のビートを最小に押さえ、パワーカード0、デッキ3枚、ドローキャラ0勢力に未亡人でターンがまわってくる。何かアグレッシブがめくれたら負けていたがめくれずに向こうのドローアウト。

得られたこと:やはり秋月エリとスルーズとの相性はよくない。

二戦目:武蔵軸(not人形)本多・賢姉○
先攻
こちら順調な立ち上がり。相手はチャージ支配の黒ドローにパワー挿して放置。
軽ブレイクもすることができ横にキャラを伸ばせる。こちらの展開に余裕があったため貴族令嬢をランデブー+猫婦人でブレイクしようとするもやはりトラストで躱される。
相手のキャラクターのサイズが全て小さかったため横の有利を活かしてビートダウンするとダメージの通りがよく、勝利。

得られたこと:ランデブーと猫婦人の組み合わせは割と使えるのかも。
今これを書いていて気づいたけれど、途中どこかでサイファーをプレイされているときつかったのかも。入っていないようだったけども

三戦目:英国ライストエリザベス○
後攻
未亡人支配していたのと、支配緑ファクターが全て▼を持っていなかったため英国ライストが全く刺さらない状況。
その状態でラプラスの悪魔を警戒されてエリザベスをプレイされなかったため横のビートでゲームエンド。

得られたこと:英国ライストには赤ドローはやはり刺さる。自色が焼かれにくいキャラ支配も有効

結果、優勝
どれも運で勝った感じなのが嫌ですね。
英国ライストが流行るのならば赤ドローとPSIを積むべきなのかな?できるならサヴィッジもあればいいけど獣性じゃなければ火力と耐久が足りなくなりそう
  1. 2013/06/03(月) 00:22:00|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

刹那@ダークロア見習い

Author:刹那@ダークロア見習い
どうぞゆっくりしていってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (3)
アクエリ (27)
Z/X (1)

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。