見習いノート

見習いのTCGに関する試行錯誤をメモする場となっております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【アクエリ】カード考察 亜夜と美夜

始まりの地球のカード考察を終えまして、次に考察するのは魔力の水嶺SR、ヴァンパイアツイン"亜夜"と"美夜"です。

4F/4C
ヴァンパイア♀/ヴァンパイア♀/スチューデント♀
5/6/6
1:目標の≪あなたの支配キャラクター1人≫に セットされているパワーカード全てを、このキャラ クターにセットする。ターン終了時まで、目標は ヴァンパイアを得る。 1:このエフェクトの使用宣言時に、あなたの支配 エリアのヴァンパイア1人を捨て札する。ターン終 了時まで≪このキャラクター≫に+2/+2/+2する。

4F4Cの超大型ブレイクです。大型であることの強みと弱みは秋月エリの考察ページでいくつか述べたため今回は省略します。

パワーカードを移動させるエフェクトとヴァンパイアを捨て札にし、パンプするエフェクトを持っています。

まず、パワーカードを移動させるエフェクトですがこれはヴァンパイア付与の方がメインの能力となるでしょう。亜夜美夜の行動回数を増やすためには2枚以上刺さっているキャラクターが必要となりますが2枚刺さっているキャラクターが複数いるのは攻めこまれたときのことを考えると非常に嫌な状態ですので行動回数を増やすのは積極的に狙うのは厳しいと感じます。一方ヴァンパイア付与は大切でこれはもう一つのエフェクトのサポートの他にもテリトリーと非常に相性がいいです。
テリトリーにペネトレイト付与があれば言うことなかったのですがそれは高望みですかね。

下のエフェクトはヴァンパイアを捨て札にし、パンプする能力です。これは終盤でのドローキャラ処理に役立ちますし、アックスデモンとの相性もいいです。あとは自前でパンプできるためサヴィッジや獣性解放に枠を割かないですむのは大きいメリットだと考えられます

あとはヴァンパイアであることからブラッドリンクの効果が適用されます。縦の強さがとれているならヴァンパイアにささっているパワーカードの数だけこの子が動けるため勝ちを拾いやすいでしょう。


秋月エリがこの子ほどに足回りが揃っていればもっと使いやすいのに。
狼のドローキャラとチャージ軽ブレイクを欲してやみません
スポンサーサイト
  1. 2013/05/17(金) 19:15:26|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】カード考察 ナス

始まりの地球カード考察第四回目は2段ブレイクのナスです。

下段
2F2C
悪魔♀/アンデッド
3/4/4
このカードがダメージ置き場にある場合、≪このカード≫を手札にあるカードと同様にセット宣言可能。

上段
4F1C
悪魔♀/アンデッド
4/5/5
【“ナス”のみブレイク可能。】 ≪あなた≫は、あなたのダメージ置き場のブレイクカードを、手札にあるカードと同様にセット宣言可能。 ≪このキャラクター≫から、あなたの支配キャラクターのアタックコスト・ガードコストを代わりに支払うことが可能。 このキャラクターから代わりにコストを支払ってあなたの支配キャラクターがアタック宣言またはガード宣言した場合、ターン終了時 まで、≪そのキャラクター≫は±0/+1/+1される。


恐らくギャラクシー環境で最も足回りが整っている緑のネームです。2段ブレイクですが下段が手札に来なくてもいいことから比較的ブレイクしやすいです。

このカードは個人的にはパートナーシステムで光るように感じます。が、その話はとりあえずおいておき考察へ。


下段のナスはビートダウンの申し子です。アビリティによりダメージゾーンからプレイできるため実際にら1枚得をしていることになります。そしてダメージゾーンにあればいいというブレイクのしやすさ、ネームであることから相打ちしても再登場しやすい。等の理由から非常にビートダウンに向いています。小さくて軽いアルヘナと聞くと強さが分かりやすいのではないでしょうか。
3/4/4というサイズから黒ドローまでは一方的に勝てますし、グリンブルスティをつけて序盤からビートダウンしたらそのまま押し切れそうな気もします。


上段はダメージゾーンにあるブレイクを下段のようにして、コストの代理支払い、パンプです。これは久遠寺みやこや秋月エリを動かしたいですね。双方ともに相性はいいでしょう。
しかし特筆すべきはアイアコスでしょうか。ダメージゾーンからプレイできるためダメージ調整がしやすくダメージを3nにするのが容易です。アイアコスに足りないサイズはナスで補え小さめのパンプ値はバインドで行動回数を稼ぐことでカバー。アイコンも共通のものがあり冥界ファクターもビルコンを採用したなら確保しやすい。
組んでみたことはないのですがなかなかに強そうな組み合わせです。
  1. 2013/05/15(水) 12:19:05|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクエリ 大会レポ

アクエリ 大会レポート

レアルトマト本店にてアクエリの大会が日曜日にありました。その大会レポートを

参加人数4人
総当り
使用:アイアコスビート

一戦目:シェイクスピア○
後攻
序盤からビートダウンするもめくれ方が非常に弱い。4点しか与えられてない状態でアイアコスが登場。

縦刺したアイアコス及び脇にいるドローキャラで殴りかかろうとするもエリザベスの威光で躱される。

そんなことをしている間にシェイクスピアとリア王が立ったがラプラスの悪魔でペネトレイトを回避。気を取り直してビートダウンしようとするもまた威光()。返しにバーナムの軍勢でデッキを削られ、補給線も削られる。しかし、相手もデッキが薄く、チャージが思うように使えない状況。リア王に3枚、脇に数枚さして返ってきたが、自分はファーマシストを支配、ファーマシストとアイアコスで相手の攻撃を凌ぎ、相手のデッキアウトで終了

得られたこと:エリザベスの威光の異常な強さ。ほんとに刺さる。

2戦目:点蔵、メアリー○
後攻
序盤は双方普通の展開。キャラをのばしてビートダウンするもまためくれ方が弱い。しかし、なんとか5点通すことに成功。カロンを刻印で焼かれる際にアヌビスでアイアコスを回収などの攻防を繰り広げ、アイアコス、回復力、エフェクト、アビリティで勝利。

得られたこと:アヌビスを使用するタイミングは焼かれる際に使用するのが一番無駄がないかも

3戦目:黒天使○
後攻
こちらは普通の展開、相手もエンジェルメイドやPSIを支配と順調に見えた。しかし、勢力やこちらの攻撃で5点貯まる。
こちらはアイアコスをたてて縦刺しする。カロンを支配されるもアイアコスのビートを抑えるのにガードで使われる。そのままダメージが3の倍数になった際にエフェクトを起動し勝利。

得られたこと:黒にはスーパーローテーションがあり、独特のタイミングで冥界ファクターを支配できるのが怖い。


一応優勝でした。
アイアコス使ってるんで当たり前かもですね。
エリザベスの威光がとにかく強くて本当に洒落にならなかったです。
ホライゾンを相手どるにはどうしたらいいのか考えていましたが、ホライゾンは大きいのがたつ前にビートダウンで何とかなりそうですね。

幽体剥離やエリザベスの威光って言われなければの話ですが
  1. 2013/05/13(月) 22:40:29|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】カード考察 カリディア

色々忙しくて更新できませんでした。
カード考察の続き、始まりの地球中型ネーム、ウッドエルフ"カリディア"を

ダークロア
2F/2C
モンスター♀/ゴースト
3/4/4
シールド
≪このキャラクターから支払われたブレイクカードのコスト≫は、手札に戻る。

BCB能力を持ったサポート用の中型ブレイク。
あまり使用したことがないので憶測のお話になってしまいます。

まず足回りについて、モンスターはともかくゴーストの足回りはそれなりに整っているため足回りは特に問題はなさそうです。

そして、メイン能力であるBCBですが個人的にはそんなに強く感じられません。
というのもこのカードをだすために素体、パワーカード2枚の合計3枚のカードを使用しておりパワー最大の時にBCBを発動してもマイナスを0にしかできないためです。
モンスター、ゴーストのフィニッシャーがいないのも向かい風で、このカードをいれるためにアイコンパズルを難しくするほどの魅力はあまり感じられません。

以上からあまり強くは思えませんが、多富気巫女との相性は非常にいいのではないでしょうか。
アイコンも合いますし、このカードをプレイすることで多富気巫女を開放できます。そして縦刺しでアドをとるこのカードに多富気巫女のチャージ2で刺すことができると。
この動きはそれなりに強いのではないでしょうか。

自分は多富気巫女もこのカードも上手く扱うことができませんが、使える人が使うと強いのかもしれません。
  1. 2013/05/11(土) 12:28:36|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Z/X】大会レポート

参加人数7人
スイスドロー
使用:白黒フィエリテ

一回戦目:黒緑○
先攻
序盤からイグニッション絡めてビートダウン。
ギコギコするクールビューティの条件をクリアさせてしまった場面がありそこで一旦手が止まる。

3点通した後、相手PSの禊萩を越える手段がなかったこともありデッキアウトまで耐えきる方向に。

なんとか耐えきりはしたけれど非常に課題が残る試合だった。

2回戦目:赤黒×
後攻
相手の7000が越えられずにイグニッションも空振りした辺りから押され始める。
清廉フィエリテを出した返しにイグニッションで葬送牙、バニラなど相手の運が非常によかったこともあり一方的な試合展開だった。

3回戦目:青単ウィニー○
後攻
ウィニーだったので自軍エリアを固めて清廉フィエリテをたてた。
清廉フィエリテが1t耐えた次のターンから攻めに転じフィエリテを守る形で4点殴りきり、勝ち。


総合3位
本当にプレイングの甘さがみえる。
そしてプレイヤースクエアにいる大きな奴が厳しい。
月下香しかり禊萩しかり

なんとか対策を煉らなければ
  1. 2013/05/09(木) 01:04:34|
  2. Z/X
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】カード考察 久遠寺みやこ

今日は始まりの地球SR 野良猫"久遠寺 みやこ"の考察を。

野良猫"久遠寺 みやこ"
3F/3C
4/5/5
ワータイガー♀
オフェンシブ/インターセプト
このキャラクターのパワーが精神力に等しい場合、このキャラクターを構成する"久遠寺 みやこ"1枚につき、《このキャラクター》に±0/+2+2する。

弱いことが何も書いてない強カード。
このカード単体で半端なキャラビートはカットできます。
また、攻めにまわるとオフェンシブでアドを稼ぎ続けることができグリンブルスティでもつけようものならゲームを終わらせられる力があります。

またアイコンがワータイガー♀のみですがダークロア軽ブレイクで現在採用率の高い猫婦人がいることもあり素体数は比較的確保しやすい印象。


目立った弱点は特にありませんが強いて挙げるならば、早だししてビートダウンした際に事故死するとディスアドが発生しやすいことでしょうか。
オフェンシブという特性上一旦フィールドにでてしまえば補給線を気にせず縦刺しされることも多いように思いますが、なんらかの形で事故死してしまうと、頭数の少ないキャラクターカード達が残るのみとなってしまいます。


攻守においてコストを温存できるこのカードは非常に扱いやすい
いいカードですね。
クセがなさすぎてあまり改めて考察するところがないのは残念です。

個人的なことを言わせてもらうならばベルトをどうやってしめているのかと履いているのかどうかを知りたいところです。
  1. 2013/05/07(火) 22:59:02|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【アクエリ】 カード考察 秋月エリ

ノートということで一枚一枚カードの考察でもしていこうかと。
考えを文章にすることで発見もあるかもしれませんし。
ダークロアのみですが。

ということで今回の考察は始まりの地球ダークロア大型ネーム秋月エリを。
自分のアクエリアンエイジを始めるきっかけとなったカードです。

ナイトウルフ"秋月 エリ"
4F/4C
ワーウルフ♀
5/6/6
▼/ペネトレイト
このキャラクターがバトルの結果捨て札になる場合、《このカード》は手札に戻る。

単体で能力が完結したカード。
5/6/6というサイズとペネトレイトでフィニッシュ力は申し分ないかと。
アビリティによって被ダメ9でも相打ちが可能となります。

問題となるのは4F/4Cの重さと除去耐性、足回り。

まず重さについて
ライトニングストームやメテオバースト、ラーズグリーズが環境にいる中でこの重さは致命的。
一旦フィールドにでてしまえばサイズとペネトで押せるのですがその登場が難しいかと。

除去耐性について
フィールドに出しただけで仕事をするカードではないため大抵の場合相手に1t与えてしまいます。
その1tでなんらかの対策がうたれる可能性があります。
分かりやすいところで除去をあげましたが、他にも幽体剥離にラプラスの悪魔、霊峰結界など止まってしまうカードがいくつか存在します。
これはワントップのデッキなら不可避なことではありますが特にダークロア単色ではそれらに対しての対抗策が薄いため気をつけなければなりません。

最後に足回り。
アイコンがワーウルフ♀しかないのですがギャラクシースタイルだとアイコンの合う軽ブレイクが存在しません。
4Fを要求してくるのに軽ブレイクと秋月エリの素体を用意するとアイコンがとっ散らかります。
シールドチャージ、1/2/1チャージ、0チャと、単体で見た場合には大丈夫なのですがデッキレベルで考えるとアイコンパズルが難しくなります。


逆にこのカードの強みとなるのはサイズ、他カードとの相性、突破力ではないでしょうか。

サイズについて
緑のパラメータは全勢力中でもトップですがその中でも亜夜美夜と並んでトップのサイズを誇ります。同サイズ以下なら最悪でも相打ちで済むのは大きな長所かと。

他カードとの相性について
他カードと曖昧な書き方をしましたが主に獣性解放とグリンブルスティですね。前者はパンプした値がそのまま相手への貫通ダメージに追加され、後者はお手軽にイニシアチブをつけることができ、よっぽどでない限り止まらなくなります。

突破力について
このカードはダークロアでは唯一のペネトレイト持ちです。グリンブルスティによってお手軽にイニシアチブは得られるようになりましたがペネトレイトを得ることは簡単とは言い難い状態です。ですので初めからペネトレイトを持っているこのカードの突破力は特筆すべき点かと思われます。


以上をまとめるとサイズが長所であり短所みたいですね。
構築するのが難しいカードではありますがその難しさに見合うだけの価値はあるように思います。
個人的には思い入れがあることも手伝ってこれからも使わせてもらおうと思っております。


長い割にはあんまり中身がなくてちょっと悲しいな。
書いていくうちに内容もついてくるのかな?
  1. 2013/05/07(火) 00:32:25|
  2. アクエリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめまして

はじめまして
大分在住TCGプレイヤー刹那と申します。

主にレアルトマト本店、別府店で活動をしております。
プレイしているカードゲームは
アクエリアンエイジ
ぜクス
ヴァイスシュヴァルツ
ヴァンガード
デュエルマスターズ
くらいでしょうか

このブログは自分のTCGに関してのメモと言いますか日記と言いますか、記録を残すためのノートのようなつもりで始めてみました。

色々と書き連ね、後日見直して赤面するようなことを繰り返していこうと思っております。

もし、興味をもってくださる方がいるようでしたらお話し相手になってくれたら非常に喜びます。

それでは見習いの自分ではありますがよろしくお願いいたします。
  1. 2013/05/06(月) 01:38:47|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:刹那@ダークロア見習い
どうぞゆっくりしていってください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
雑記 (3)
アクエリ (27)
Z/X (1)

カウンタ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。